トイレの水漏れの原因はどこにあるか

トイレの水漏れの原因はどこにあるか 家庭内には、生活に必要となる場所がいくつもあります。その中でも毎日必ず使う場所としてトイレがあるでしょう。なければ非常に困る場所であり、水も使っていることから、水漏れを起こしたりすると大きな問題になることが多くあります。漏れたことが、下の階に影響を与えてしまうこともありますし、衛生的な問題も出てくるのですから、素早く修理を考えていかなければいけません。

■一番可能性が高いタンクの問題

水漏れが起きる場所として考えていかなければいけないのは、いくつかに分けることができるでしょう。タンクはその中でも最も原因になってしまう場所です。水をためておく場所であるというのもありますが、排水も繰り返しおこなっていくことがポイントになってきます。単純な構造に見えて、微妙な調整もおこなっているため、不具合を起こすと水漏れにつながっていくことになる可能性もあります。
給水も接続されていますし、排水もしていかなければいけません。オーバーフローバルブなどのあふれて漏れてしまわないような機能も持っています。単純なようで複雑でデリケートな機構を持っていることは覚えておくようにしましょう。大量の水を常に持っていることから、ほんの少しずつでも漏れていけば、それだけ大きな被害も出していくことになります。少しの漏れが水道代に与える影響も考慮しておかなければいけないでしょう。高額な請求がきて、初めて水漏れに気が付くといったケースもあるからです。

■温水洗浄便座は電気を抜くことを忘れずに
最近では当たり前のように見かけるのが、温水洗浄便座です。あとから取り付けている家庭も多いでしょう。日本の技術の表れともいわれますが、タンクに次いで水漏れなどのトラブルのもとになってきます。機能が複雑になってきていることもありますが、水と電気を使っていることが構造的に重要になってくるため、他の箇所とはさまざまな部分で対処にも違いが出てきます。
水漏れを起こしやすいのは複雑な構造をしているということは原因の一つです。それと同時に電気が流れているため、大変危険性が高まることも忘れてはいけないでしょう。故障や破損といったことと共に、電源を抜くといった基本的なことを忘れないようにしなければいけません。水は電気を通すのですから、非常に危険な組み合わせになるのです。

■給排水設備と本体の問題

水を使うことから、トイレには給排水管があります。トイレに対して接続部品を使ってつなぐことになるため、劣化すれば必然的に漏れてくるようになるでしょう。給水であれば強い圧力で多くの水漏れが懸念されますし、排水側には臭いなどの衛生的な問題も付きまといます。もっと重要なところとして、大切な止水栓から漏れるといったケースまで考えられるのがトイレです。圧力もかかっているため、止水栓の位置だけではなく、元栓の位置も調べておくことが緊急時の対応として大切です。
さまざまな原因を探っていても、まったくわからないといった場合には、便器自体に水漏れの原因があることも出てきます。タンクと接続していますし、本体が傷や穴などが空き破損していてそれが原因で漏れてしまうといったことも考えられます。日常的にチェックもしていかなければいけないでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、深刻な問題になってくることも出てきます。簡単に判別できることもあれば、原因がなかなかわからないこともあるでしょう。常に水が流れるようになれば、水道代の問題も出てきてしまいます。便器にちょとちょろと流れるだけで、請求額がかなりの高額になってしまうようなこともあるのですから、早期の対応が重要になってくるでしょう。毎日使う場所であることからも、対処方法としての知識としても参考にしてみてはいかがでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース