水漏れにつながりやすいトイレのタンクの中の部品

トイレのタンクの水漏れは、大きな影響を与えていくことになるでしょう。いくつかのパーツをチェックしてみると、その原因が見えてくるようになり、修理を依頼するほうがいいかを判断できるようになるでしょう。

■排水で重要なフロートバルブ

トイレのタンクをのぞくと、浮き球が目につきます。連動しているのがフロートバルブと呼ばれるゴムでできたもので、タンクの中の水量が少なくなると、浮き球が水面とともに下がっていき、バルブを開き水を補給するのが役割です。
ちょろちょろと漏れて流れ続けるような場合には、しっかりと閉じていない可能性があるでしょう。ゴムでできていることから、劣化してしまい微妙な調整ができなくなっていることも考えられる部品です。



■ボールタップの劣化と異常

給水をつかさどっているのがボールタップです。浮き球の位置とともに連動するようになっており、水量が上がり浮き球の位置が高くなると弁を閉じます。必要以上の給水をおこなわないようにする大事な部品で、劣化すれば永遠に水が流れることになるでしょう。
あふれた水は、オーバーフローバルブから便器に流れていくことになります。あふれないように重要なパーツではありますが、ボールタップが故障しているときには、水面がぎりぎりまできているため判別がしやすいでしょう。



■まとめ
トイレには、いろいろな水漏れの原因が考えられます。その中でもタンクは大量の水を抱えており、少しずつ漏れてしまうこともある部分です。水道料金にも大きく影響するのですから、おかしいと思ったときには、真っ先に確認するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ