トイレに欠かせない温水洗浄便座と水漏れ

現代人の生活環境として、温水洗浄便座は欠かせないものとなってきました。当たり前のように使われてきていますが、水漏れを起こす可能性も考慮しておかなければいけません。故障しないといったことはないのですから、トラブルが起きた時には、正しく対処していく必要があります。

■水を止め電気が流れないようにすること

トイレには当たり前につけられるようになったのが温水洗浄便座ですが、原因の判別をする前に、止水栓を締めて電源を抜くことが最初におこなうことです。電気がつながっていれば、水を触ったときに感電する可能性が出てくるでしょう。非常に危険な状態ですので、電気を止めてしまうことが必要になってきます。
止水栓がわからなかったり、締めたりすることができない場合には、元栓を閉じてしまうのが安全です。他の水道に関する設備も使えなくなりますが、水漏れを続けるよりはよほど安全でしょう。


■本体側の故障から

水漏れを起こす原因としては、故障があげられます。リモコンの電池が切れて動作が安定しないときや、ノズル便の故障はよくあるポイントとなります。本体が故障してしまい、水が止まらなくなることもあるでしょう。水抜き詮が設けられているため、ここから漏れ続けてしまうこともあります。構造的に考えても複雑なこともあるため、わからないときには専門業者に依頼するほうが安全でしょう。


■まとめ
温水洗浄便座はトイレに欠かせないようになりました。ですが、電気を使い構造もかなり細かい部品です。素人では修理ができないこともよくあるため、異常を感じたら使用をやめて、修理を依頼するほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ