トイレにつながる配管からの水漏れは

トイレ 水漏れの原因はいろいろとありますが、配管がいくつもつながっているところに特徴があります。配管がつながっている場合、金属同士の接続となり、密閉性が保てないことも出てくるため、パッキンが使われますが、これが水漏れの原因となってしまうことも出てきます。

■連結部品からの水漏れ

便器から水漏れを起こしてしまっている場合には、2つの考え方ができるでしょう。1つは便器そのものに問題があるケースで、もうひとつは接続に使われている連結部品に問題があるケースです。

連結部品には、必ずパッキンが使われていますが、時間とともに劣化が進みます。水密性が取れなくなり、圧力がかかると水が漏れてくるようになります。交換することで対処できますが、容易にできないことも出てくるため、修理業者に依頼するのがポイントになります。

■簡単なようで難しい

トイレのゴムのパッキンぐらいは、交換が簡単だと思うかもしれません。ですが、しっかりと水密性を保つためには、技術も必要となります。専門の工具も必要ですし、適切な締め方もしていかなければいけません。タンクの場合には、完全に水を抜くとともに、交換の順番まで考えていくことを考えると、素人では難しいことが分かります。下手をすれば、また漏れてしまう原因にもなりかねません。




■まとめ
パッキンの交換は、決して簡単ではありません。それどころか経験もなければ適切な対処ができないでしょう。経年劣化からは逃れることができないのですから、交換が重要な意味を持ってきます。見た目だけではわからないこともあるため、専門業者に見てもらうといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ