トイレの便器本体が水漏れの原因に

トイレの水漏れとして、非常に深刻な問題になってくるのが、便器からの水漏れになるでしょう。本体そのものに問題があるようなことも出てくるからです。パッキンの劣化だけではなく、ひびが入ってしまったりしているときには、交換も考えていかなければいけません。

■便器は衛生的な問題も引き起こす

トイレの水漏れの中でも、本体である便器は大きな問題につながってしまいます。水が貯められないことは、正常に流すことができないということにもなるでしょう。機能的にも不全の状態になってしまいます。水が漏れることで、トラップがうまく働かず、悪臭が漂い始め、害虫などが出てくる可能性も考えておかなければいけません。衛生的な問題としても、早期に修理をするか交換を検討するようにしましょう。



■寿命は長いが部品はなくなる

便器は壊れるまで使えることは間違いありません。陶器ですので、耐用年数は思っている以上に長く、使い続けることも可能です。しかし、直すことを考えると、割れてしまったりすれば、もう使うことができないでしょう。部品の交換を考える場合でも、生産から10年もたつと、部品が生産されていないこともあります。交換の時期としても考えておくといいでしょう。




■まとめ
便器本体が壊れてしまう可能性は、いろいろとあります。何かをぶつけてひびが入ったことで、水漏れにつながることもあるでしょう。ひび割れをパテで塞ぐといった方法もありますが、水密性が保てないどころが詰め込んだことによって拡大してしまうようなケースもあります。素人では難しい部分があるため、専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ